KSP派遣モバイル

個人情報保護方針

2019-09-11
カテゴリトップ>ladies' item>アクセサリー・グッズ
red line【レッドライン】ダイヤモンドブレスレット 227 STELLA PAVE FIL-5 ROSE FLUO/YG(スターモチーフ ピンク)
キャンセル・返品・交換について*原則として、お客様都合によるキャンセル・返品はお断りさせて頂きます。
*商品の交換につきましては商品到着後7日以内にご連絡・ご返送をお願い致します。

詳しくは下記リンクを参照くださいませ。
※キャンセル・返品・交換について

商品説明

レッドラインを手がけるのは、フランスの若い女性レティシア・コーエン・スカリ。
1979年生まれ。現在、パリ在住。
L'ecole CreapoleのESDIコースを専攻し、デザイン&ヴィジュアルコミュニケーションの修士課程の際、卒業制作としてレッドラインと名づけたコードジュエリーのコレクションを着想する。
エキシビジョンや劇場用の広告制作を手がけ、ビジネスチャンスにも恵まれていたが、2005年に本格的に自身のブランド「レッドライン(redline)」をスタート。
古くから様々な民族や文明において幸福のお守りとされる「エルサレムの赤い紐」からのインスピレーションで、現代人が抱える力強さと繊細な精神という二面性に寄り添うように、コンセプチュアルなお守りジュエリーを考案しています。
デザインは至ってシンプルでミニマル。
色にシンボル性を持たせたカラフルな紐と、恒久的な存在であるダイヤモンドを組み合わせたコントラストが効いたデザインが世界中で受け入れられており、リュクスなお守りジュエリーとしてコレクションを発表し続けています。
ジュエリーにはすべて"K"のサインが入っており、古代エジプトでは平和、穏やかさ、静けさ、調和を表しています。
redlineのジュエリーにはそれぞれ“K"のサインがあるプレートが必ず付いています。
世紀にわたる真の幸運のお守りとして、その糸は、つけた人の全ての望みを守り自覚させてくれるとされ、
それぞれの色にも様々な意味が込められています。


Red:love and protection(愛と保護) Purple:mystery(神秘) Pink:fantasy(ファンタジー)  Blue:serenity(平和)
Beige:discretion(自由) White:purity(純真さ) Yellow:Joyous(喜び) Black:refinement(高貴)
Orange:energy (活力) Grey:sobriety(まじめさ) Green:hope(希望)

カラーパレットから抜いたような色の豊富さも魅力のひとつです。

STELLAS PAVE/星のチャームにパヴェダイヤをセッティングしたブレスレット。
定番のシリーズとの重ね付けもおすすめのデザイン。
ピンクのカラーには、【Pink:fantasy(ファンタジー) 】という意味が込められています。
鮮やかなピンクに華奢ながらインパクトのある星に散りばめられたダイヤがカジュアルスタイルにも栄えます。

一見華奢なので不安になる方もいるかもしれませんが、80キロの重さにまで耐えれるので耐久性も◎
(長くご愛用頂くのには、お水を避けて頂くのをおススメします。)

華奢で繊細な糸に小ぶりなパールが女性らしく、
上品な存在感があり女性さしさがくっとアップして、テンションのあがるアクセサリー。
他のアクセサリーとの重ね付けにもおすすめです。
カジュアルスタイルに重ね付でけで、上品なスタイルにさらっと1本で…
ずっと身に着けられるお守りのようなアクセサリーとして、自分へのご褒美や、大切な人への贈り物としても喜ばれるジュエリーです♪

サイズ:下記ご参照ください。
サイズ全長約15.5cm(14.5cm-16cmで調節可能) モチーフ縦約1cm,横約1cm
素材ダイヤモンド 0.05ct/ストリング、シルクコート 金具:イエローゴールド K18
注意*画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。
※ロゴプレートにはハンドメイドで刻印が施され、生産段階でごく小さなキズが生じています。商品の特性としてご理解の上、お買い求めくださいませ。
*この商品は当店実店舗でも販売しております。在庫数の更新は随時行っておりますが、ご注文の商品が、既にお品切れのこともございます。 その場合、必ず連絡を致しますが、万が一、再入荷の予定がない場合は、キャンセルさせて頂く場合もございますので予めご了承くださいませ。

red line【レッドライン】

red line【レッドライン】

レッドラインを手がけるのは、フランスの若い女性レティシア・コーエン・スカリ。古くから幸運のお守りとされている「エルサレムの赤い糸」からインスピレーションを受け18カラットゴールドとダイヤモンド、糸を使ったオリジナルなジュエリーを考案。繊細でユニークなデザインは、リュクスなお守りとして現代の女性たちに支持されている。

サイズ全長約15.5cm(14.5cm-16cmで調節可能) モチーフ縦約1cm,横約1cm
素材ダイヤモンド 0.05ct/ストリング、シルクコート 金具:イエローゴールド K18
注意*画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。
※ロゴプレートにはハンドメイドで刻印が施され、生産段階でごく小さなキズが生じています。商品の特性としてご理解の上、お買い求めくださいませ。
*この商品は当店実店舗でも販売しております。在庫数の更新は随時行っておりますが、ご注文の商品が、既にお品切れのこともございます。 その場合、必ず連絡を致しますが、万が一、再入荷の予定がない場合は、キャンセルさせて頂く場合もございますので予めご了承くださいませ。

商品コメント

レッドラインを手がけるのは、フランスの若い女性レティシア・コーエン・スカリ。
1979年生まれ。現在、パリ在住。
L'ecole CreapoleのESDIコースを専攻し、デザイン&ヴィジュアルコミュニケーションの修士課程の際、卒業制作としてレッドラインと名づけたコードジュエリーのコレクションを着想する。
エキシビジョンや劇場用の広告制作を手がけ、ビジネスチャンスにも恵まれていたが、2005年に本格的に自身のブランド「レッドライン(redline)」をスタート。
古くから様々な民族や文明において幸福のお守りとされる「エルサレムの赤い紐」からのインスピレーションで、現代人が抱える力強さと繊細な精神という二面性に寄り添うように、コンセプチュアルなお守りジュエリーを考案しています。
デザインは至ってシンプルでミニマル。
色にシンボル性を持たせたカラフルな紐と、恒久的な存在であるダイヤモンドを組み合わせたコントラストが効いたデザインが世界中で受け入れられており、リュクスなお守りジュエリーとしてコレクションを発表し続けています。
ジュエリーにはすべて"K"のサインが入っており、古代エジプトでは平和、穏やかさ、静けさ、調和を表しています。
redlineのジュエリーにはそれぞれ“K"のサインがあるプレートが必ず付いています。
世紀にわたる真の幸運のお守りとして、その糸は、つけた人の全ての望みを守り自覚させてくれるとされ、
それぞれの色にも様々な意味が込められています。


Red:love and protection(愛と保護) Purple:mystery(神秘) Pink:fantasy(ファンタジー)  Blue:serenity(平和)
Beige:discretion(自由) White:purity(純真さ) Yellow:Joyous(喜び) Black:refinement(高貴)
Orange:energy (活力) Grey:sobriety(まじめさ) Green:hope(希望)

カラーパレットから抜いたような色の豊富さも魅力のひとつです。

STELLAS PAVE/星のチャームにパヴェダイヤをセッティングしたブレスレット。
定番のシリーズとの重ね付けもおすすめのデザイン。
ピンクのカラーには、【Pink:fantasy(ファンタジー) 】という意味が込められています。
鮮やかなピンクに華奢ながらインパクトのある星に散りばめられたダイヤがカジュアルスタイルにも栄えます。

一見華奢なので不安になる方もいるかもしれませんが、80キロの重さにまで耐えれるので耐久性も◎
(長くご愛用頂くのには、お水を避けて頂くのをおススメします。)

華奢で繊細な糸に小ぶりなパールが女性らしく、
上品な存在感があり女性さしさがくっとアップして、テンションのあがるアクセサリー。
他のアクセサリーとの重ね付けにもおすすめです。
カジュアルスタイルに重ね付でけで、上品なスタイルにさらっと1本で…
ずっと身に着けられるお守りのようなアクセサリーとして、自分へのご褒美や、大切な人への贈り物としても喜ばれるジュエリーです♪

red line【レッドライン】レディース
価格
86,000円 (税込92,880 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
12時まで(土日祝含む)のご注文は当日発送
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

このページの先頭へ